大島紬リメイク専門店。大島紬をワンピース、ジャケット、チュニック、コートにオーダーリフォーム。郵送は全国対応、大阪市に店舗、大阪・神戸は無料訪問。

大島紬リメイク専門

世界最高峰の大島紬を普段着として着こなしませんか?

紬は耐久性にも優れ古くから日常の衣料として着用され、親子代々と渡って引き継がれていましたが、昨今は普段着として着用される方も少なくなり、多くの方はタンスにしまったままの方が多いのが現状です。それらの紬を普段着使いとして活用してみませんか?

世界には様々な種類の織物が織られていますが、その中でも優れている織物がフランスのゴブラン織り、ペルシャ絨毯、そして大島紬です。

大島紬は30以上の製造工程が必要で1反が織りあがるまでに半年から1年かかり、1300年の歴史のある大島紬は世界的にも最高峰の生地です。 その大島紬の生産量は1973年に28万反だったものが2016年は4700反までになり、生産量は全盛期の1.6%になっています。数十年前に織られた大島紬をはじめ他の紬類でも着用機会のないままタンスにしまいっぱなしのものが多いのが現状です。


お問合せはフリーダイヤル

◆ 大島紬のリメイクについて

普段着使いの紬といえども、時間をかけて丁寧に緻密に織られた紬は、数十年前の物でも数十万円で販売されていたものが多く、昨今は織られる数も減り、貴重な紬は減っていく一方です。そのような紬の良さを現代の人にも普段着使いとしてあじわっていただき、そして後世に受け継ぐことができる紬の活用方法をご提案できればと思っております。百貨店などでは、大島紬のワンピースやジャケットは15万円~はしますので、タンスに眠っている生地を普段着使いとして活かしてみてください 。


  • 型紙(パターン)がない場合は、基本的に別途パターン代が3,300~5,500円がかります(デザインにより異なります)お客様がお持ちのリメイク本や当店保有のリメイク本(型紙付き)がありますので、その中でお選びいただく場合は型紙代は不要です。また比較的シンプルなシルエットですと保有している型紙がありますので、お気軽にご相談ください 
  • 大島紬以外の紬でも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

※ コート・ジャケット・ツーピースはパターン代込みの料金です。また裏地の有無やデザインで料金が異なります。

ご相談方法がご来店や無料訪問サービス(大阪府や兵庫県)の場合は、お客様と直接デザインを話できますし、当方で寸法を測らせていただきますが、ご郵送の場合は、寸法に関してご不安もあると思います。

来店や無料訪問サービス以外のご郵送の方にも当方のサンプルワンピース(7号・11号・13号・15号・17号・19号)を試着していただき参考にしていただき、着物と一緒に返送いただく方法もあります。

※ 21号以上の方はご相談ください。

ご依頼ご相談方法・制作事例は次の画像をクリックいただますと詳細のページへ移動します 

ご依頼方法は、郵送は全国対応・大阪兵庫は無料集配・大阪市北区の店舗での相談が可能です(詳細は画像をクリック)

着物リメイクの制作事例です。別サイトにコメントを付けて掲載していますので参考ください(詳細は画像をクリック)  

住所:

〒530-0047

大阪市北区西天満5-1-9

大和地所南森町ビル1F

メール:
info@remake-kimono.net

電話:0120-659-007