着物をワンピース・チュニック・ドレスにリメイク

郵送は全国対応 大阪に店舗 大阪兵庫は訪問 

◆ よくあるご相談

  • 小紋や紬の着物を活用したい
  • リメイクは料金面が不安
  • 形見の着物を生かしたい
  • 結婚式用のドレスを作りたい

 ◆ 当店で解決できること

  • 小紋や紬などでワンピースが作れます
  • 料金は作業前に明確にしています
  • お持ちの洋服を着物で複製できます
  • ロングドレスの制作が可能です

お問い合わせはフリーダイヤル 

◆ 着物リメイクの納期や確認事項

  • 型紙代(パターン代)がない場合3,300円~5,500円程度(デザインにより異なる)がかかる場合があります。
  • リメイク本など型紙はあるものは型紙代はかかりません。
  • 制作前に7号~23号までのサンプルワンピースを試着いただくことも可能です。23号以上の方はご相談ください。
  • 納期通常2~4ヶ月です。 ご着用予定のある方はご相談ください。

◆ リメイクするまでにかかる費用

◆ 着物リメイク料金表

  • ワンピースは、裏地代やファスナー等の付属品込みです。
  • ロングドレスは仮縫い込みです。
  • バッグは30種類以上ありますのでお気軽にご相談ください。

着物リメイクの定番ですが、チュニックやワンピースについてご説明させていただきます。特に普段着の紬は着物として着用機会がなくなってきたため、チュニックやワンピースにされる方が多いです。

当店のチュニックとワンピースの取り扱いの違いですが、チュニックは身丈が膝上程度でボタンが一つ程度のもので、チュニックワンピースはチュニックの身丈が長いものとしています。ワンピースは、身丈が長くファスナーやボタン・裏地など付属品が付いたものとしています。 

◆ チュニック類や作務衣などの制作事例(クリックで拡大)

◆ ワンピースなど制作事例(画像クリックで拡大) 

◆ 東大阪市のお客様(来店)

思い出の着物を順番にワンピースやコートにリメイクさせていただいております。どの着物も時間がたっていても状態が良いもので生地をいっぱい使うことができました。

いつも少し長めのワンピースでネックラインを色んな形で試されて制作側も楽しく作っています。

着物のコートや羽織からでもワンピースが制作することができますし、羽織を洋服のコートに制作させていただくこともあり生地を有効に使われています。

【お客様の声と作品】(クリックで拡大) 


◆ 奈良県のお客様(来店と郵送)

お父様の着物を活用して普段に着用できる羽織やパンツを制作したいというご相談でした。他店にも色々ご相談に行かれたみたいですが、良い返事がもらえなかったとのことです。

40年以上くらい前の着物でしたが状態も悪くなく涼し気な感じの生地でした。ご相談内容は作務衣風の上着と作務衣風のパンツでした。上着は和裁士が制作し、パンツは縫製職人が制作しました。パンツはなんと袴から作っています。

また残布で陣羽織も制作させていただき喜んでいただきました。当店は和裁士も洋裁もできる職人がいますので幅広く対応可能です。

お客様の声(クリックで拡大) 


◆ 箕面市のお客様(訪問)

お母さまの着物や羽織やアンティークまでたくさんの着物をリメイクさせていただきました。

昔の人は羽織もたくさんもっておりそのやり場に悩んでいる人も多いです。その羽織を普段着に着用できるチュニックを5枚ほど1年くらいかけて少しずつ制作させていただきました。

お客様が手書きでデザインから作っていただき、それを元にパターンをおこし制作させていただきました。

お客様の声(クリックで拡大)


◆ 千葉県のお客様(郵送)

ご自身の振袖をマーメイドドレスにリメイクされるご相談でした。マーメイドドレスはタイトなシルエットですので、仮縫いが心配でした。郵送でのやり取りですので慎重に最初の試着から仮縫いでの試着、納品まで時間をかけながら進めさせていただきました。

胸元の緑色は振袖の重ね衿を利用し、ショールの黒は振袖の八掛けを利用しています。お客様のご希望もなるべく叶えられるようにし制作させていただきました。

【お客様からいただいた声】

成人式の振袖を挙式後の食事会用マーメイドドレスにリメイクして頂きました。郵送でのやり取りのみでしたが、一番最初のメールから納品に至るまでに不安を感じる事は一度もなく、また要望もお伝えしやすくわがままも聞いてくださり、さらにしっかりと形にして叶えて下さいました。丁寧な仕上がりで一度も直接採寸していないのが嘘のように、ピッタリサイズ!世界で一つの宝物が一つ増えました。マーメイドのラインがとても美しく出ていて、そこが1番のお気に入り。本当にお勧めなお店です。 


◆ 豊中市のお客様(訪問)

着物を何十枚と拝見させていただき、その中でチャイナドレスにしたら面白そうな振袖を見つけ、それをリメイクさせていただきました。

チャイナドレスはタイトなため初回訪問、仮縫い、納品と3回訪問させていただきました。デザインの出し方は職人のセンスになりますが、満足いただきました。仮縫いが入ると少し時間がかかりますが、タイトなシルエットの場合は出来る限り仮縫いをさせていただいています。

お客様からいただいた声(クリックで拡大)


◆ 大阪市のお客様(来店)

何度もご利用いただいているお客様でご自身がお持ちのワンピースと同じようなデザインで制作させていただいています。

すでに20枚くらい制作させていただいており毎回制作するほうも楽しみにしています。

次の写真の真ん中の薄紫のワンピースの前身頃のドレープになっている部分(金色と藤色)は袋帯を使用しています。

着物と帯を組み合わせていることもパッと見た感じでは分からないかもしれませんが、素敵な1枚になりました。



ご依頼ご相談方法・制作事例は次の画像をクリックいただますと詳細のページへ移動します