コートや羽織 黒絵羽リメイク

郵送は全国対応 大阪に店舗 大阪兵庫は訪問 


タンスに眠っているコートや羽織 黒絵羽の羽織を生かしてみませんか?

着物用のコートや羽織を着る機会が少なくなりました。特に羽織をたくさん持っている方が多く、そのほとんどがタンスに眠っています。

羽織やコートは羽尺と言って着尺(着物用の反物)よりも短いので活用方法が分からない方も多いと思います。

実は着尺でも洋服のワンピースやコートは制作できますので、ご活用をご検討ください。

コートや羽織のリメイク例

◆箕面市のお客様

アンティークの羽織からのチュニックです。80年くらい前の着物でしょうか。生地は柔らかいですが薄くもなっています。

独特なチュニックの形ですが、着用されるとシックリ決まります。背中の一つ紋もそのまま残して素敵な一枚になりました。

また紫色の羽織も素敵な一枚になりました。


◆ 千葉県のお客様

結婚式に着用されるマーメイドドレスのサンプルとして先に黒い絵羽の羽織で制作させていただきました。

マーメイドドレスは身体のラインに合わせてタイトなため生地の収縮するものが一般的ですが、着物でチャレンジすると仮縫いが必須になります。

お客様も喜んでいただき次のようなコメントをいただきました。

『大大大満足で、追加希望は何もないのでこのあとすぐに返送します^_^

ジャストサイズでラインもものすごく綺麗で、胸元のデザインも想像以上に素敵でした!

当初より悩んでいた「リボン」は不要です。これだけ胸元に素敵なアクセントがあったら、そこから下はこのままの方がシンプルで素敵だと思うので...

ありがとうございます』


◆大阪市のお客様

黒い絵羽のコートから洋服のコートへリメイクしました。前の一つボタンです。ボタンは飾りボタンでスナップボタンになっています。

羽織の柄はコートにしても後にそのまま活用しました。前にも柄を入れ出来る限り柄をつなげています。生地の量が限られているため出来る限りになりますが、ほぼ希望通りのサイズで制作できました。柄をそのまま活用していますので、着物にも見えます。


◆東大阪市のお客様

黒い絵羽の羽織からのワンピースです。

ご親戚の結婚式にお召になられました。黒い絵羽の羽織のやり場に困っている方も多いと思いますが、ベースが黒なのでワンピースにすると上品な感じに仕上がます。

黒絵羽の羽織を名古屋帯にされる方も多いですが、色んな活用方法がありますので、ご相談いただければと思います。

こちらのお客様は以前にも黒絵羽の羽織からワンピースを制作させていただきました。


◆ 羽織やコートからのリメイクの一例を掲載させていただきますのでご参考ください(クリックすると拡大できます) 

ご依頼方法や制作事例は次の画像をクリックしてください